しみ、そばかす、にきび、赤ら顔など美容にお悩みの方 学芸大西口クリニック
診療科目

頭痛へのボツリヌストキシン療法

 ボツリヌストキシンによる慢性片頭痛に対する予防効果は複数の無作為試験にて証明され、国際頭痛学会の推奨度はグレードAです。

 

 健康保険の適応外の治療ですが、当院では良くおこなっています。

 お気軽にご相談ください。

 

 特に群発頭痛の方は、数日で発作が解消されるケースがあり、試す価値のある治療と位置づけています。

概要

 

H29年10月現在、頭痛、疼痛に対してはボツリヌストキシンの健康保険適応はありません。


 診察料3,000円+注入手技料5,000円 にプラス下記料金がかかります。

 関連しない疾患に対しては保険診療を同日行うことは可能です。

 

 片頭痛(額+眼の周り)           16000円  

 

  片頭痛で側頭部などにも広く注射する場合   +16000円
 緊張型頭痛(後頭部と僧帽筋)・肩こり             32000円
 肩関節(片側)                                            32000円

   膝関節(片側)                                            32000円 
 混合型頭痛で広く注入する場合          64000円
 
 (各料金は予告なく変更することがあります。ご了承ください。)

 

 腰痛の方は整形外科医からの紹介状(診療情報提供書)をもらってきて下さい。

 

 薬剤は後発品のリジェノックスを使用します。

 先発品のボトックスを使用する場合は100単位当たり+15000円で変更可能です。

 
 1回目の効力がもの足らない場合に限り、第2回を1ヵ月後に投与する事ができます。通常は3ヶ月程度間隔を開けます。
 反復注射は以前は抗体を作って効果を無効にさせるので望ましくないとされていましたが、最近の製剤では問題ないようです。