しみ、そばかす、にきび、赤ら顔など美容にお悩みの方 学芸大西口クリニック

赤ら顔

アルドステロン拮抗薬外用

 男性の脂漏性皮膚炎の治療に関しては、現在の所アルドステロン拮抗薬の外用が重要な選択肢ですが、既存の製剤では経皮吸収が悪く、当院の製剤・外用法以外はほぼ無効という印象があります。

症例1 脂漏性皮膚炎 男性

28歳男性 治療前

左写真をデジタル編集した画像。両側頬部に逆三角形状、外鼻周囲に赤みがでるなど、脂漏性皮膚炎が強い。


アルドステロン拮抗薬の外用を6週間施行。肉眼では赤みの退色が強い。

デジタル編集すると、肉眼では収まっている赤みがかなり残存している事が分かる。


 外用剤の使用は内服薬に比べ、治療効果の発現が遅く、かつ効果が弱い。しかし内服に伴う副作用を考えなくて良い利点があり、男性には第一選択と考えている。

 

 通常は3ヶ月間外用剤の使用をおこない、効き目があるかどうかを判定している。

 ない場合もしくは効果が弱い場合は副作用に注意しつつ同じアルドステロン拮抗薬の内服をおこなうか、イソトレチノインの内服をおこなうかが選択肢になるだろう。

 最近はアルドステロン拮抗薬の内服をおこなうか、あるいは逆に副作用が出るまで外用より先に内服をおこなうなど患者の皮脂の減退に応じて調整する必要があると考えられている。