しみ、そばかす、にきび、赤ら顔など美容にお悩みの方 学芸大西口クリニック

赤ら顔

レーザー治療

 赤ら顔のなかでレーザー治療が有効なのは、肉眼で線状・網目状に見える血管がある場合に、ほぼ限られます。

 

 ぼんやり赤みがある状態では、血管の拡張があってもレーザーの射程圏外であるか、皮膚そのものの炎症が強く、血管をレーザーで壊しても、照射したエネルギーでまた血管拡張をおこすので、無効であることが多いです。

 

 当院では、古くからある色素レーザーの改良版であるVbeam®を用いて治療しています。

 

 この治療は健康保険の対象となっています。

 

症例1 30歳男性 両頬の赤み

30代男性:頬の毛細血管拡張のみ認められる患者


Vbeam®照射前
Vbeam®照射前
Vbeam®1回照射後 2ヶ月後
Vbeam®1回照射後 2ヶ月後

 周囲に赤みがなく、単独で血管が糸のように見える場合は、Vbeam®は良い適応だと思います。周りが赤い場合はネームクリーム®だけで治る可能性があるので、先に行うことが当院では多いです。