しみ、そばかす、にきび、赤ら顔など美容にお悩みの方 学芸大西口クリニック
診療科目

禁煙外来

喫煙を病気ととらえて、積極的な治療が広く行われるようになりました。

概要

 喫煙の各種の発がんリスクを高くすることは明らかとなり、受動喫煙などは周囲に対してもリスクがあることから、禁煙がどの方にも勧められます。 

 

 タバコに含まれるニコチンは依存を生じやすく、習慣化した場合は変えるのも難しいため、自制心の強い人が本気でタバコをやめたいと思っていても、なかなか簡単にはやめられません。


 以前は、ニコチン入りのガムや、皮膚にパッチを貼ることで禁煙で減ったニコチン摂取量を抑えて禁煙を持続させやすくする治療法が取られていましたが、効果が弱かった事が分かっています。 

 

 現在は、ニコチンの依存性を妨げる内服薬を利用して禁煙をおこなうことが多くなりました。

 期間は12週間で、この間の検査・薬品代は保険適応となります。