しみ、そばかす、にきび、赤ら顔など美容にお悩みの方 学芸大西口クリニック

診療案内

毛穴の広がり(鼻のブツブツ)

原因

 拡大鏡で見てみるとよく分かりますが、鼻の毛穴が茶色く見えるのは毛穴から皮脂(とケラチンの混合物)が出て、穴にくっついているためです。

 

 また毛穴から皮脂が出ないで皮下でたまっている場合、皮膚は弾力性を失い毛穴が伸ばされて広がって見えます。

 

 


 左右ともに、鼻皮膚の同一の拡大写真です。

 

 右図で青く囲ったやや白い部分は皮膚から突出した皮脂です。時間が経つと茶色く変色する部分です。

 

 赤く囲った部分は皮下に皮脂がある部分で、赤みがかって見えます。これは通常の皮膚に比べ液体成分が多く柔軟性に欠けますから、周囲の白い正常な皮膚のほうがふくれあがってみえます。

 

 ブツブツした鼻はよくイチゴにたとえられます。青で囲った部分が種、種がくっついているところは凹んでいて、周りの方がふくれて見えますね。あれと同じです。

 

 成長に伴い皮脂の貯留が増えると、本当の毛穴(青)より見た目の毛穴(赤)のほうがはるかに広がって見えるようになります。

 

 

治療


 

 

 上の写真は30代の女性で、左が治療前、右は抗アンドロゲン作用を示す内服薬の投与を2ヶ月したところです。

 

 過剰な皮脂の排出がなくなり、外観が改善したことが分かります。

 

 作用を強くするには外用剤の同時使用もすることがあります。

 

 これらの治療は保険適応外です。